めまい吐き気の原因で男性の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「めまい吐き気の原因で男性の時」
についてお話します。

 

めまいと吐き気が同時に現れるとき、
原因として何が考えられるのでしょうか。

 

今回は男性に多く発症する、
めまいや吐き気を伴う
原因について紹介していきます。

 

男性に多いめまいと吐き気の原因

 

・メニエール病

 

メニエール病とは、
耳の奥にある内耳という
平衡感覚をつかさどる器官に何らかの

 

原因によってリンパ液が貯留し、
循環障害が起きてしまう病気です。

 

なぜ内耳にリンパ液が
貯留してしまうのかは
いまだに解明されていません。

 

ですが、メニエール病は30〜50代の
働き盛りの男性に多く発症していることから、

 

ストレスが誘因になっているのではないかと
考えられています。

 

メニエール病になりやすい性格として、
まじめな人、神経質な人、頑張り屋な人

 

などがあげられます。

 

メニエール病のめまいは周囲が
回転しているような強いめまいで、
耳鳴りや嘔吐などを併発することもあります。

 

めまいは数分で治まりますが、
めまい発作を何度もくりかえすことが
メニエール病の特徴になります。

 

メニエール病は進行性の病ですので、
放置しておくと耳が聞こえなく
なってしまうこともあります。

 

くるくると回転するような強い
めまいを感じたら、耳鼻科を受診しましょう。

 

・自律神経失調症

 

自律神経失調症はストレスが
誘因になるとされており、

 

呼吸や循環をつかさどる自律神経に
不調をきたすことで
めまいや吐き気が現れる疾患です。

 

働き盛りの男性は、
仕事や家庭のストレスを
少なからず感じています。

 

充分な休息が取れない日々が続くと、
自律神経に不調をきたし、
自律神経失調症となってしまいます。

スポンサーリンク

自律神経失調症は検査では
これといった所見がないので、
抗うつ薬やカウンセリングをして

 

ストレスの原因を特定し、
生活習慣を整えるために十分な
休息をとることが重要になります。

 

めまいや吐き気に加えて、
気分の落ち込みや強い不安感が

 

あった場合は、自律神経失調症が
疑われるため、心療内科を受診しましょう。

 

・椎骨脳底動脈循環不全症

 

椎骨脳底動脈とは、意識や運動機能、
視覚などをつかさどる脳の後ろ半分の
領域に血液を運ぶ重要な動脈です。

 

糖尿病や高血圧、喫煙や
コレステロール値の上昇、
座っていることが多い方は

 

動脈が硬くなりやすく、
血液の循環不全を起こしやすい
状態にあります。

 

この循環不全が椎骨脳底動脈に発生すると、
平衡感覚に狂いが生じてめまいが発生したり、
吐き気を伴うことがあります。

 

働き盛りの男性は生活習慣が乱れやすく、
脳の血管に負担をかけ続けることになります。

 

こうした負担が蓄積すると、
血液の循環不全や脳梗塞などに
つながってしまいます。

 

・突発性難聴

 

突発性難聴は原因不明の病です。

 

何の前触れもなく突然片方の
耳が聞こえなくなります。

 

50代から60代に多くみられる病です。

 

聴力の低下とともに強いめまいや
吐き気を伴うことがあります。

 

発症してからすぐに治療を開始すれば
予後は良好な場合が多いですが

 

治療せずに放置しておくと、
症状が悪化することがあります。

 

仕事を忙しくしている男性は
生活習慣が乱れやすく、
めまいや吐き気を生じやすいです。

 

「忙しくて受診できない」

 

という方も多いかもしれませんが、
早めに治療を開始すれば治療は長引かず、
快適な生活ができる場合がほとんどです。

 

自分の体を大切にしましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加