めまいの原因となる栄養素とはカフェインやフィチンやリノール酸など

スポンサーリンク

ここでは、「めまいの原因が栄養の時」についてお話します。

 

皆さんは、日常的に、めまいを感じたことはありますか?
現代においては、目まぐるしい科学の発展で、生活が豊かになる反面、
スマホやパソコンの普及に伴い、多くストレスを感じる社会になっています。

 

ストレスが溜まると、めまいなどの様々な弊害が出てきます。
もしも、日常生活に支障をきたす、めまいに悩んでいるときは、
日々の食生活の見直しをしてみましょう。

 

今回は摂取することで、めまいが改善されるものや、
避けた方がよいものをご紹介します。

 

めまいのときに、摂取すべきもの

 

サバやイワシなどの青魚には、αリノレン酸が含まれいます。
αリノレン酸は、脳細胞を正常に戻してくれる働きがあるので、
めまいの症状が起きているときには効果的です。

 

続いて、めまいに効果のある食べ物は、納豆や豆腐などの大豆製品です。
大豆は、トリプトファンを多く含むので、副交感神経を刺激してくれ、
めまいを抑えてくれる効果があります。

スポンサーリンク

またお肉も、ビタミンEが豊富に含まれているのでお勧めです。
ビタミンEは、疲労回復をしてくれ、めまいの原因のストレスを
緩和してくれるので効果的になります。

 

めまいのときに、避けた方がよいもの

 

カフェインは、副交感神経の働きを妨げてしまうので、
めまいの症状が重くなってしまう可能性があります。
インスタント食品も摂取は控えた方が良いです。

 

インスタント食品には、フィチンが含まれており、
ストレスを軽減してくれる亜鉛の吸収が妨げられてしまいます。
揚げ物などの油を多く使う料理も、γリノレン酸、リノール酸、オレイン酸、
飽和脂肪酸が含まれているので避けた方が良いでしょう。

 

副交感神経の働きを妨げてしまい、
めまいの症状が長く続いてしまう可能性があります。

 

いかがでしたか?
日常的に、めまいを感じている方は特に食生活を見直してみて下さい。
この記事が、皆さんのめまいの症状改善に、少しでもお役に立てれば幸いです。
食生活の栄養摂取の見直しで、早めの改善を心掛けましょう。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加