めまいの原因が脳梗塞の時は脳動脈硬化で血流が悪くなっているかも?

スポンサーリンク

ここでは、「めまいの原因が脳梗塞」についてお話します。

 

最近、貴方の身の周りで、めまいの症状が出ている方はいますか。
もし症状が出ている方が、近くにいたら病院へ診察にいくことを勧めて下さい。
めまいを、「ただの疲れだろう。」などと決めつけてはいけません。

 

頭痛やめまい、吐き気を感じたら「脳梗塞」かも知れないからです。
めまいを放置しておくと、このように大変な病気になってしまう可能性があります。
今回は気をつけたい、めまいと脳梗塞についてご紹介します。

 

脳梗塞について

 

脳梗塞は、脳の細胞に血が行き渡らずに、壊死を起こしてしまう病気のことです。
これは、脳の血管が詰まってしまうことにより、血が循環しなくなってしまうのです。
一度、破壊された脳細胞は復活することが難しいため、
体の麻痺や言語に障害がでたり、運動機能に障害などの後遺症が残る場合があります。

 

しかし、その殆どにおいて気付けない場合が多く、
芸能人でも脳梗塞で亡くなる方が多いのはそのためです。

スポンサーリンク

めまいは兆候

 

脳梗塞は、動脈硬化が理由で起こる場合が多いです。
この脳動脈硬化は、血流に一時的な障害が出ていることがあります。
その障害によって、病気の前兆として、めまいの症状が起こる可能性があるのです。

 

また一過性脳虚血発作という脳梗塞に似た症状の場合でも、めまいが起こります。
1日でめまいや手足のしびれが治まる発作なのですが、
将来的に脳梗塞を引き起こす可能性が高い危険な状態です。

 

もしも、めまいの症状がでても、すぐに医師にご相談をして頂くと、
脳梗塞の進行が見られる場合、症状が悪化する前に処置をして、
後遺症を回避することが出来ます。

 

脳腫瘍や、椎骨脳底動脈循環不全症でも、同じくめまいの症状が
でる場合がありますので、早めの診察を心掛けましょう。

 

いかがでしたか?
皆さんも気になる症状がでたら、すぐに診察を受けることをお勧めします。
特に、脳の病気は後遺症が残りやすいため、早期発見することが大切です。
この記事を読んで、今後めまいが出たときの参考にして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加