動悸とめまいはストレスが原因で起こるの?

スポンサーリンク

ここでは、「動悸とめまいはストレスが原因で起こるのか」についてお話します。

 

急な動悸やめまいで不安になることはありませんか?

 

実は、動悸やめまいは、
あなたの体からのSOSです。

 

そこには大きな病気が
隠されている場合もありますし、
救急を要する場合もあります。

 

しかし、それだけではなく、
目に見えない「ストレス」が
原因になっている場合もあるのです。

 

今回は動悸やめまいとストレスの
関係性に焦点を当てて、ご紹介していきます。

 

ストレスによって動悸が起きる仕組み

 

普段何もなく健康な状態のときは、
私たちの体の中の様々な神経や
ホルモンはバランスを保っています。

 

しかし、何かしらの不安や緊張が強く、
ストレスのかかる場面になると脳がストレスを察知し、
体を守るためのホルモンを出し始めます。

 

体の働きを強くするための
ホルモンなので、血圧や心拍が上がります。

 

また、交感神経と副交感神経から成っている
自律神経のバランスも乱れ、
交感神経が活発になるために動悸が起こるのです。

 

ストレスによってめまいが起きる仕組み

 

私たちは普段、自分の体を真っすぐ
保つことに特に意識したり、
頑張って保っている、ということはほとんどありません。

 

しかし、実は体は、視聴覚や体への刺激の感覚を
細かく察知して、バランスをとっています。

 

三半規管で平衡感覚を取っている、
という話は聞いたことがありませんか?

スポンサーリンク

よく、耳の病気になるとこの三半規管が
うまく働かず、めまいが起きることがあります。

 

ではストレスとはどのような関係があるのでしょうか?

 

ストレスを感じると自律神経が乱れます。

 

自律神経は体の様々なバランスを
保っているのでめまいも起こりやすくなります。

 

また、メニエール病というものもあります。

 

メニエール病とは、めまいや耳鳴りがする病気で、
ストレスが最大の原因だと言われています。

 

ストレスは甘く見てはいけない

 

このように、ストレスが動機や
めまいと大いに関係していることがわかりました。

 

ストレスは誰しも抱えて発散しながら
生きているものですが、動悸やめまいまで
起きてくると危険信号です。

 

気付かないうちにうつや、
自律神経失調症などの精神的な疾患の
予兆がある可能性があります。

 

動悸やめまいが起きることが不安でつらくて
さらにストレスになる前に、
まず病院へ行きましょう。

 

原因がわからないうちは、
精神科にいきなり行くのも勇気がいりますので、
まず耳鼻科や脳外科で診てもらいましょう。

 

ストレスを感じていると自覚があるときは、
無理をせず、しっかり休養することが一番です。

 

体からのSOSのサインを見逃さず、
自分自身を大事にしてあげましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加