めまいの点滴薬でメイロンとは末梢血管拡張作用で血行が良くなる!

スポンサーリンク

ここでは、「めまいでの点滴薬のメイロン」についてお話します。

 

若い人でも、高齢の方でもなってしまうのが、めまいです。
そのめまいの治療には、点滴を用いられる場合があることをご存知でしょうか?
内服薬が使えないときに、点滴治療を用いることがあるのです。

 

点滴に用いられる薬として、一般的なものはメイロンと呼ばれます。
今回は、このメイロンと、めまいの関係についてご紹介します。

 

めまいの種類とは?

 

めまいには、大きく2種類あります。
それは、回転性めまいと浮動性めまいです。
回転性めまいとは、景色がくるくると回転するようなめまいのことです。

 

浮動性めまいは、体が浮いているような、ふわっとした意識が遠のくようなめまいです。
回転性めまいは、耳の障害や、ストレスなどの心因性が原因して生じます。
このめまいは、命の危機があるようなめまいではありません。

 

しかし突発性難聴になることもあり、本人が気がついてないケースも多く、
事故を引き起こしてしまうこともあります。
浮動性めまいは、脳の疾患によることが多いめまいです。

スポンサーリンク

脳の病気ということで、危険な状態である可能性が高く、
病院で診て貰う必要があります。
メイロンは、回転性めまいに多く用いられます。

 

メイロンとは?

 

メイロンという名前の由来は、迷路、即ち内耳からそう呼ばれています。

 

その効果としては、末梢血管拡張作用があり、
血行が良くなるのでめまいが緩和されると考えられています。
メイロンは嘔吐やめまいに対して投与されることがよくありますが、
よりめまいに対して投与することがよくあります。

 

ただし投与するのは、良性発作性頭位性めまいなど良性めまいに限られるのです。
脳内出血に伴うめまいや嘔吐には、使用されません。
副作用として、倦怠感や鼻血などがでる方もいるようです。

 

いかがでしたか?
皆さんも、めまいには十分に気をつけて下さい。
思わぬ事故や、病気に繋がる恐れがあります。

 

今回ご紹介したメイロンなども、人によって合わないこともありますので、
しっかりとした知識を身につけましょう。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加