めまいの薬で市販品とは?

スポンサーリンク

ここでは、「めまいの薬で市販品」についてお話します。

 

めまいの症状で病院を受診すると、
様々な薬から医師が症状に
合ったものを処方してくれます。

 

症状や患者の状態によっては、
点滴で投薬治療をする場合も考えられます。

 

一般的にめまいの治療では、
めまい止めや抗めまい剤などといった
薬が処方されることになります。

 

病院には忙しくてなかなか行けない場合は、
市販薬を使って何とかしたい
と思う事もあるかと思います。

 

ですが全てのめまいに効果がある
という市販薬は、残念ながらありません。

 

まずはめまいの原因を知った上で、
薬を選ぶという事になります。

 

めまいでの薬の選び方

 

めまいで市販薬を使いたいと思っても、
めまいというだけでは
薬は見つからないはずです。

 

貧血によるめまいであれば、
貧血対策の薬や、鉄分や葉酸などの
サプリメントでめまい対策をする事になります。

 

メニエール病のような耳が原因のめまいであれば、
市販薬では効果があるものは無いと言えます。

 

耳鼻科による診察の元、
治療が進められることになります。

 

一時的にめまいの症状を抑えたい場合は、
乗り物酔いなどの
酔い止めを服用する事で効果は得られます。

スポンサーリンク

酔い止めには内耳や脳への
伝達神経の興奮を抑える作用があるため、
症状が和らぎます。

 

ただ服用後は安静にして過ごし、
副作用も考慮して車の運転などは
控えるようにしましょう。

 

眠気や倦怠感、頭痛などの
症状がみられる事もあります。

 

症状別の市販薬

 

貧血が原因と考えられるめまいの場合は、
貧血の薬が有効となります。

 

小林製薬の「ファイチ」は、
貧血対策の市販薬です。

 

鉄分が葉酸、ビタミンなどが主成分となり、
貧血からくるめまいにも効果がみられます。

 

原因となる貧血を改善させる事で、
めまいの症状も治まることになります。

 

首や肩にコリがあり、
ストレスなどの疲労が原因のめまいの場合は、

 

奥田製薬の「奥田脳神経薬」が良いとされています。

 

精神バランスの乱れに作用して、
ストレスや睡眠不足、首や肩のコリにも
効果がある市販薬です。

 

精神的な事が原因のめまいにも効果が期待出来ます。

 

飲み合わせてはいけない薬もありますから、
服用の際は注意書きを
良く読んでから飲みましょう。

 

市販薬でも治まらないめまいの場合は、
病院で診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加