ロキソニンの副作用でめまいが起こる理由は2つもあった!

スポンサーリンク

ここでは、「ロキソニンの副作用のめまい」についてお話します。

 

皆さんも、「ロキソニン」という言葉は、普段耳にしたことがあると思います。
風邪薬などにも使用されている成分ですが、その効果や副作用はご存知ですか?
今回は、ロキソニンについて詳しくご紹介します。

 

「ロキソニン」とは?

 

ロキソニンとは、炎症を抑えたり、解熱や鎮痛などの効果があります。
関節リウマチや、変形性関節症に用いられたり、手術後や抜歯後の鎮痛と消炎、
または急性上気道炎の解熱、鎮痛にも用いられます。

 

病院から処方されることの多い薬ですが、副作用としては、眠くなったり、
めまいがしたり、皮膚が赤くなったりすることもあるのです。
もし服用の際に、これらの症状が出た場合は、医師にすぐ相談してください。

 

何故ロキソニン服用で、めまいが起こるのか?

 

ロキソニンを服用した場合、副作用として、めまいの症状が出る方がいます。
考えられる原因としては、1つめに薬に対してのアレルギーを
持っているということが考えられます。

スポンサーリンク

2つめは、血圧が下がるためです。
ロキソニンを服用する前は、痛みにより交感神経が、刺激されている状態です。
そのため血圧が高くなっています。

 

しかし、薬を服用することで、痛みを抑えこむために、血圧が下がってしまうのです。
この血圧が急激にさがることで、めまいが起こる場合もあります。

 

体調不良でも、めまいが出ることがありますので、症状がでた場合は、
かかりつけ医師にご相談ください。

 

服用時に気をつけるべきこと

 

ロキソニンの服用により、副作用がでることがありますので、
服用時は必ず車の運転は止めて下さい。
急なめまいや眠気を引き起こし事故に発展するケースもあります。

 

また、ロキソニンは胃にとても負担がかかる薬です。
食後すぐ飲むように心掛けてください。空腹時に飲むと、
胃炎の症状を引き起こすこともあります。

 

薬を服用している間の食事は、辛いものなどの刺激物は控えて、
胃に優しいお粥などに切り替えましょう。

 

いかかでしたか?
ロキソニンは手軽に手に入る薬ですが、
今一度、服用方法の見直しをしてみて下さいね。
薬選びにおいて、記事を参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加