ドライアイの症状でめまいとは?

スポンサーリンク

ここでは、「ドライアイの症状でめまい」についてお話します。

 

ドライアイになっていませんか?
ドライアイとは涙が不足し目が乾いた状態になってしまうことです。
ドライアイになると目が乾き、傷や障害を負う可能性も出てきます。

 

近年、このドライアイとめまいの症状を訴える患者さんが増えてきています。
いったい、何が起きているのでしょうか?

 

眼病!

 

眼病というと緑内障や白内障が有名かと思います。
その他にも、網膜はく離や眼底出血といったものもあり、
これらの眼病が元でドライアイを発症することもあります。

 

ドライアイだけでなく、めまいと同時に
「光をまぶしく感じる、目がかすむ、視野がせまくなる、
物が二重に(歪んで)見える、目の奥が痛い」などの症状も眼病の可能性があります。

 

頭痛!

 

めまいに頭痛を伴うケースは少なからずあります。
そして、この頭痛を引き起こしているのがドライアイの症状だといわれています。
スマホやパソコン、世の中にはドライアイになる原因はたくさんあります。

 

これらがドライアイを作り、そこから頭痛と
めまいを引き起こしている可能性があるのです。

 

目を酷使するとドライアイになるのですが、
それを更に酷使するとめまいと頭痛につながります。

 

この他にも、目を酷使することにより、肩こりや首こりを引き起こすことにもなり、
それがまた頭痛とめまいにもつながってしまうのです。

スポンサーリンク

VTD症候群!

 

スマホ(携帯電話)・テレビ・パソコンなど画像・映像を
長時間見ることによって「目・心・体」に影響がでてしまう病気です。

 

ドライアイの症状はもちろんのこと、
その他にも肩こり・うつ病・手足のしびれや生理不順、
また不眠などといった症状があります。

 

まさしく「心と体」をむしばむ病気なのです
予防策・治療法としては、眼を酷使しないように眼を休める時間を作ること。
しっかりと眠ること。

 

外出して、遠くのものを見るようにすること。
バランスのいい食生活と、
それに加えて眼にいいとされる食品(ブルーベリー)などを積極的に食べること。

 

などがあげられます。

 

また、眼鏡やコンタクトなどで眼への負担を減らすことも大切です。

 

「ドライアイだから目薬をさしとけばいいや!」

 

では済まされないケースもありますので、
少しでも異変を感じたら専門医に診てもらってください。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加