バセドウ病の症状でめまいが起こるのは自律神経の乱れが原因!

スポンサーリンク

ここでは、「バセドウ病の症状で起こるめまい」についてお話します。

 

皆さんは、「バセドウ病」という病気をご存知でしょうか?
最近では、芸能人や歌手の間でも、その症状をうったえる人が出ています。

 

バセドウ病は、何が原因でなってしまうのか解明されておらず、
複数の説によっては、ストレスや遺伝的なもの、それから喫煙によって、
引き起こされるのでないかといわれています。

 

バセドウ病になってしまうと、辛いめまいなどの症状がでます。
今回は、めまいとバセドウ病についてご紹介します。

 

バセドウ病とはどんな病気なのか?

 

バセドウ病は、「甲状腺機能亢進症」といわれています。
甲状腺のホルモンが、過剰分泌されてしまう病気です。
甲状腺ホルモンとは、代謝をあげてくれ、体の調子を調えてくれます。

 

バセドウ病の主な症状としては、多汗になって動機がしたり、
常に体調不良で疲れやすくなる、甲状腺が腫れるといった症状があります。
それに伴い、めまいや頭痛、耳鳴りなどの症状もでてしまうこともあります。

スポンサーリンク

バセドウ病とめまいについて

 

バセドウ病になると起きてしまうのが、自律神経の乱れです。
症状が悪化してしまうと、自律神経失調症になる方もいます。
自律神経が乱れてしまうと、動悸やめまい、憂鬱感、疲労感などの症状に悩まされます。

 

めまいが多発するとストレスが溜まり、自律神経さらに乱れて
悪循環になってしまう恐れがあるのです。
リラックスすることが効果的なのですが、整体やマッサージで、
凝り固まった筋肉をほぐすことがお勧めになります。

 

筋肉をほぐすと、副交感神経が活動してくれ、疲労回復してくれる効果があります。
疲労回復が出来れば、症状を和らげることが出来るのです。

 

症状を和らげるために、自宅で出来ること

 

バセドウ病になってしまい辛いのは嫌悪感や憂鬱感です。
やる気が出るようになる交感神経を刺激すると、少し体が楽になるでしょう。
自宅で交感神経を刺激するためには、朝起きたら1杯の冷たい水を飲むのがお勧めです。
また、朝起きたら外に出て、太陽の光を浴びることも効果があります。

 

いかがでしたか?
この記事を参考に、少しでも症状が緩和出来れば幸いです。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加