めまいと眠気の症状の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「めまいと眠気の症状の時」
についてお話します。

 

「めまいと眠気が同時にくる」

 

そんな症状を
感じたことはありませんか?

 

今回はめまいと眠気の関係性について
紹介していきたいと思います。

 

めまいと眠気を感じる原因とは?

 

めまいと眠気が同時に
現れる原因はいくつかあります。

 

めまいと眠気は少し疲れている場合にも
出やすい症状ですが、実は重大な疾患の

 

サインであることも考えられるので、
油断していると大変なことになります。

 

めまいと眠気が現れる原因は
いくつかあるのでここで紹介していきます。

 

・寝不足

 

眠気を感じる原因として一番身近で、
一番頻度の高い原因は寝不足です。

 

睡眠中には脳も休息しています。

 

そのため十分な睡眠の
量と質が確保できないと、

 

体だけではなく脳も
休息不足となってしまいます。

 

眠気は脳が疲れているサインです。

 

眠気とめまいが同時に発生し、
休息が足りないという自覚がある場合に
疑われる原因は寝不足です。

 

・自律神経失調症

 

自律神経失調症とは、
ストレスなどの何らかの原因により、
自律神経と呼ばれる

 

血液循環などをつかさどる
神経系の働きに異常を
きたしてしまう疾患です。

 

自律神経失調症になると、
めまいや眠気の他に、

 

体が重だるく感じたり、耳鳴り、
気分の落ち込みや
不安感などが現れます。

 

ストレスが溜まっていたり、
生活習慣が乱れていたりする人に
多く発症します。

 

・低血圧

 

食後に強い眠気とめまいを感じる場合、
低血圧を疑いましょう。

 

低血圧とは最高血圧が
100mmHg以下、

 

最低血圧が50mmHg
以下のことをいいます。

スポンサーリンク

食後は胃や腸などの消化器官に
血液が集中します。

 

低血圧の方はこの時に
脳の血流が足りなくなり、
強い眠気とめまいを感じてしまいます。

 

また、コーヒーを好む人の場合、
コーヒーに含まれるカフェインが

 

自律神経を刺激するため、
めまいを増強させることがあります。

 

・脳梗塞

 

脳梗塞の前兆として
めまいがあげられますが、
実は脳梗塞を起こす人の約3割に

 

「発症前に強いめまいがした」

 

という報告もあります。

 

脳梗塞で脳の血管が詰まったり
狭くなったりすると、脳に栄養や酸素が

 

足りなくなり、めまいと
強い眠気に襲われます。

 

よく寝ているのに強い眠気を感じる場合は、
脳に何かしらの障害が
生じていることが考えられます。

 

慢性的な眠気とめまいがある場合には
すみやかに脳神経外科を受診しましょう。

 

めまい、眠気に加えてあくびが出る場合

 

眠たい時にはあくびがでますよね。

 

めまい あくび

 

の記事ではめまいとあくびの
関係性について紹介し、

 

めまいとあくびが同時に起こる
原因について書かせていただきました。

 

ぜひ、こちらの記事も
参考にしてみてください。

 

眠気とめまいは日常的に
よく起こる症状であるため、

 

すぐに重大な病気を疑う方は
ほとんどいないのが現状です。

 

しかし、このような体からの
サインを見逃してしまうと
後々大変なことになる場合もありますので、

 

症状が持続する場合には
必ず医療機関を受診しましょう。

 

早期発見・早期治療があなたを救います。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加