めまいふらつきと吐き気冷や汗の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「めまいふらつきと吐き気冷や汗の時」
についてお話します。

 

めまいとふらつき、吐き気、
冷や汗が同時に見られる時、
どんな原因が考えられるのでしょうか?

 

今回はこれらの症状を
引き起こす原因について
紹介していきます。

 

めまい、吐き気、冷や汗が
ある場合の対処法は、

 

めまい 吐き気 冷や汗 対処

 

の記事で詳しく
お話させていただいて

 

おりますのでこちらも
是非参照してください。

 

めまい、ふらつき、
吐き気、冷や汗の原因とは?

 

めまいやふらつき、吐き気、冷や汗は
比較的現れやすい症状であり、

 

これだけの情報で疾患を
特定するのはほぼ困難です。

 

そのため、病院ではめまいの性質
回転するようなめまいなのか、

 

ふわふわするようなめまいなのか、
めまいが起きる要因や、ふらつきの程度、
吐き気に嘔吐を伴うか、冷や汗の量

 

などさまざまな問診をされます。

 

めまいの原因は様々ですが、ふらつき、
吐き気、冷や汗を伴う場合、自律神経に

 

何らかの不調をきたしていることは
間違いないでしょう。

 

また、今までにかかったことのある
病気や治療中の疾患によっても、

 

めまいやふらつき、吐き気、冷や汗を
伴うことがありますので、
治療中の疾患があれば医師に伝えましょう。

 

それでは、今回はめまい、
ふらつき、吐き気、

 

冷や汗を伴う代表的な
疾患を紹介していきます。

 

・メニエール病

 

メニエール病とは、耳の奥にある内耳という
平衡感覚をつかさどる器官にリンパ液が
異常に貯留することで血流障害が起き

スポンサーリンク

めまいや耳鳴り、ふらつきなどを
引き起こす疾患です。

 

めまいの程度によっては吐き気や
冷や汗を伴うことがあります。

 

メニエール病は進行性の病ですので、
早期発見・早期治療が大切になります。

 

・自律神経失調症

 

自律神経失調症はストレスなどが原因で、
呼吸や循環をつかさどる自律神経の
働きに不調が発生することによって、

 

めまいや吐き気、ふらつきや冷や汗
など様々な症状をきたします。

 

検査をしてもこれといった所見が出ず、
日ごろからストレスの多い
生活をしている場合に考えられる疾患です。

 

30〜50代の働き盛りの男性に多く、
気分の落ち込みや不安感も同時に現れます。

 

・低血糖、

 

低血糖は体の中の糖分が不足し、
エネルギー不足となる症状のことです。

 

めまい、ふらつき、冷や汗、吐き気の他に
強い空腹感に襲われ、重症化すると
昏睡状態に陥ることもあります。

 

無理なダイエットをしている場合や、
糖尿病でインスリン治療を
始めたばかりの頃に起こりやすい症状です。

 

軽症の場合は糖分を摂取すれば
症状は治まります。

 

・脳貧血

 

脳貧血とは、脳にいく血液が不足し、
脳が酸素不足になることを言います。

 

朝礼などでずっと立ちっぱなしの時や、
お風呂上りに起こりやすい症状で、

 

これらの場合は下肢に血液が
溜まってしまうことで脳にいく血液が
少なくなってしまうことが原因です。

 

脳貧血は誰にでも起こりやすい症状で、
重症化すると倒れてしまうこともあります。

 

めまいを感じた時にむやみに動こうとすると、
転倒してしまったり、さらにめまいが
ひどくなってしまったりする場合があります。

 

まずは安静にして症状が
落ち着くのを待ちましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加