めまいふらつきが朝の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「めまいふらつきが朝の時」についてお話します。

 

急なめまいは朝の起床時に多いといわれています。
起床時に起こりやすいふらつきを伴う軽い症状のめまいから
重い症状のめまいまでをご紹介します。

 

回転性めまいと浮動性めまい

 

寝起きのふらつきを伴うめまいというとよく低血圧だと思う人もいますが、
そればかりとは限りません。
他にも命に危険性のあるような病気の可能性も捨て切れませんので、注意が必要です。

 

めまいには「回転性めまい」と「浮動性めまい」があり、
一般的にふらつくめまいというと「浮動性めまい」を指します。

 

しかし、回転性めまいもふらつくと表現することもできますので、
病院などで医師に伝える際は回転性めまいなのか浮動性めまいなのかを
はっきり伝えた方が分かりやすく伝えられます。

 

寝起きのめまい

 

朝のめまいで思いつくのが「良性発作性頭位めまい症」です。
このめまいは、耳の奥にある内耳という場所にある耳石という石が

 

何らかの衝撃で砕け、身体のバランスを
コントロールしている三半規管に入ってしまうことから引き起こされます。

スポンサーリンク

「回転性のめまい」が特徴で、朝起きたときや寝返りを打ったときなど
頭を急に動かすときによく起こります。
比較的軽い病気で放っておいても治る人もいます。

 

吐き気や頭痛・手足のしびれなどを伴うようでしたら、
「脳の障害」が考えられます。

 

脳梗塞・脳出血などが疑われますので早めに医療機関を受診してください。
脳の障害の場合、ふらふらとした「浮動性のめまい」が特徴です。

 

その他にも自律神経などが関係している「ストレス性のめまい」があります。

 

原因は主に睡眠不足・ストレス・運動不足・過労・バランスの悪い食事など
不規則な生活が考えられ、また環境の変化でも
ストレスを感じてめまいを発症してしまうことがあります。

 

自律神経を崩すとふらつきを伴うめまいを引き起こしやすくなりますので、
日々の生活を見直して改善していく必要があります。
めまいには様々な原因があります。

 

症状が軽いからといっても重い病気が隠されていることもありますので、
悪化して大変な思いをする前にちょっとでもおかしいと思ったら
医師に相談するようにしてください。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加