ふらつきやめまいの原因がストレスである理由は平衡感覚を敏感にする

スポンサーリンク

ここでは、「ふらつきやめまいの原因はストレス」についてお話します。

 

皆さんは、体調が悪かったわけでもないのに、突然のふらつきや、
めまいを起こしたことはありませんか?

 

もしかすると、その症状は、不安、つまりはストレスが溜まり
引き起こされた可能性があるのです。
ここでは、めまいやふらつきに潜む危険や、その対策についてご紹介します。

 

ストレスや不安は、平衡感覚を敏感にしてしまう!

 

平衡感覚が敏感になってしまうと、普段は何でもないような動作をしていても、
感覚が研ぎ澄まされている為に、ふらつきを大きく感じてしまうようになります。

 

そして、そのことが自分の体調は悪いのではないか、
何処か病気なのではないかと、不安やストレスを増幅させてしまうのです。
こうして、症状が悪化していくと、ホルモンバランスが崩れていき、
うつ病などの精神疾患の病気を引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク

病院へは行った方が良いのか?

 

上記のような症状が起こった場合は、すぐに病院での検診を受けて下さい。
めまいや精神疾患の治療が受けられます。

 

もしも、症状が悪化していて、不眠などの症状がみられる場合には、
精神療法や向精神薬の内服も必要となるのです。
病院は、出来ることならば、精神科や心療内科を受診されるほうが良いです。

 

自分でも努力すべきことはあるのか?

 

これらの症状を、予防、緩和するためには、生活習慣の見直しをしましょう。
まず、食事での栄養がきちんと取れているかが重要です。
三食食べることは勿論、偏った食生活も改善していきましょう。
野菜不足、塩分や糖分の摂取量も見直して下さい。

 

また、運動不足も原因の一つとなりますので、軽いストレッチなど、
毎日の運動も取り入れましょう。
喫煙をされている方は、禁煙することを心掛けてください。
喫煙は、脳の血管を収縮してしまい、めまいを引き起こしてしまいます。

 

いかがでしたか?
皆さんも、症状がでた場合は軽視をせず、すぐに専門医に相談をしてください。
そして、この記事を参考に、普段の生活から気を付けることで、
未然に防ぐことを意識してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加