頭痛めまいふらつき肩こりの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛めまいふらつき肩こりの時」についてお話します。

 

何が本当の原因なのかわからず
頭痛やめまい、ふらつきや
肩こりに悩まされていませんか?

 

これらの症状が2つ、
3つと同時に起こると本当につらいです。

 

「もともと頭痛持ちだから」

 

とか

 

「貧血気味で」

 

とか

 

「いつもだから」

 

と、なんとなく我慢してその場をしのいだり、
放置している、ということはありませんか?

 

症状がずっと続くわけではないので、
確かに我慢して過ぎれば一旦はおさまります。

 

しかし、きちんと原因がわかって、
解決できたらスッキリしますよね。

 

考えられる原因と対処法をご紹介します。

 

体の冷え

 

体の冷えは、実はものすごく危険なものです。

 

頭から内臓、つま先まで、
まさに全身と言っていいほど、
病気や不調の原因になる可能性があります。

 

身体が冷えると、血流や、
リンパの流れが悪くなります。

 

頭への血流が滞ったり、
首、肩周辺のリンパの流れが悪くなることで
頭痛や肩こり、ときにはめまいまで起こります。

 

目の疲れや筋肉が緊張状態になっても
これらの症状が起きることがあります。

スポンサーリンク

自律神経の乱れ

 

最近では、ストレスが原因で、
という言葉をよく耳にします。

 

ストレスとは本当に思いがけないような
体の反応として出てきたり、
自分が思っている以上に感じていることがあります。

 

ストレスによって自律神経が乱れ、
交感神経が活発になってしまうと
頭痛、肩こり、めまいやふらつきが起こります。

 

筋肉のこわばり

 

冷えもそうですが、
同じ姿勢で長時間過ごしていたり、

 

目や筋肉に負担のかかることを続けていると
筋肉が硬直していきます。

 

そうすると頭へつながる血流の流れが悪くなり、
めまいやふらつきが起こります。

 

原因は案外単純なものかもしれない

 

このように見てみると、
何か外傷があったりはっきりした病気ではない場合は、

 

生活の中で自分で気を付けることのできる
冷えや、ストレスまたは運動不足による筋肉のこわばり、

 

自分が溜めてしまっている
ストレスなどである可能性があります。

 

もしこれらのようなことが原因であれば、
改善していくことができます。
しかし気付かなければずっと続くのみです。

 

もちろん病院でお医者さんの適切な治療やアドバイスを
受けるのも改善への近道です。

 

今一度、生活を見直してみませんか?

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加