頭痛めまいと吐き気は何科を受診するの?

スポンサーリンク

ここでは、「頭痛めまいと吐き気は何科を受診するのか」についてお話します。

 

身体の様々なところから不調を感じると、
体力的にも精神的にもつらい状態となってしまいますね。

 

早く何とかしたい、会社も休めない、
あるいは子供の大事な予定や約束がある
といった場合は、治療も急がなければなりません。

 

頭痛やめまい、吐き気までを感じるようであれば、
とりあえずで服用する事の多い、市販薬でも

 

どの症状に合わせれば良いのか、
服用にも不安を感じてしまいますよね。

 

まずはその症状が起きる
原因から見定めていく必要があると言えます。

 

頭痛とめまいと吐き気が起きる症状とは

 

病気であれば、色々な症状が起きてくるものです。

 

また症状にはそれぞれ個人差があり、
パターンもあると言えるかもしれません。

 

体調が悪くなるといつも鼻水が出る、
風邪は大抵最初に熱が出るといった人もいます。

 

それぞれの症状には理由が存在します。

 

頭痛とめまいと吐き気が揃って現れる場合は、
病状としても多くの病気が
この症状を引き起こす事になります。

 

単なる疲れであっても
頭痛から悪化して別の症状が
みられる事も考えられます。

 

また胃腸の病気や、
耳からくる病気、脳や神経などの病気の
可能性も否定はできません。

スポンサーリンク

少し様子を見ても、症状が改善されなければ、
やはり病院を受診して
専門医の診察を受けるべきと言えます。

 

受診するべき病院は何科が良いのか

 

時間を割いて病院へ足を運んでも、

 

「専門外ですから、○○科を改めて受診してください」

 

と言われてしまうと、
無駄足を踏んでしまったような、

 

少しがっかりとした
気持ちになってしまいますね。

 

ですが、症状から素人が
専門医までを予測するのは
実に難しい事だと言えます。

 

頭痛やめまいに吐き気が
伴う病気は多く考えられますから、

 

これ以外に何か特徴的な症状が
自分に無いかを確認しましょう。

 

耳に違和感や聞こえづらさなどがあれば、
メニエール病など、耳鼻科が専門となります。

 

頭痛の痛みが強い場合は
脳神経外科に掛かると良いでしょう。

 

腹痛や下痢の症状がみられるのであれば、
内科での受診で問題ないと言えますね。

 

判断がつけづらい場合には、
まず内科を受診するのが良いですね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加