低体温でめまい吐き気の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「低体温でめまい吐き気の時」についてお話します。

 

近頃は低体温の人が増えています。

 

体温が低い状態が続くのは、
身体にとって良い事はありません。

 

通常であれば36度から37度あたりを平均とした
体温で生活をしていますが、低体温の場合は、
35度台にまでなってしまっています。

 

低体温が続くと体調の悪さを感じる事になります。

 

体温が低いという事でめまいや吐き気、
頭痛なども現れる事が考えられます。

 

低体温時の身体の様子について考えていきましょう。

 

低体温になる原因は

 

体調不良を感じ、熱を計ってみても
熱はむしろいつもより
低かったという場合もあります。

 

この時に低体温状態を確認する事になりますね。

 

低体温はどうして起こってしまんでしょうか。

 

原因としては、日常生活が関連した些細な事であったり、
生活習慣が関係しているとも言えます。

 

また女性の場合は生理の周期によって、
体温の上下がありますね。

 

原因として挙げられるのは、睡眠不足である事。

 

睡眠が足りていなければ脳の
休息時間も足りていない事に繋がります。

 

また自律神経のバランスも崩しやすくなり、
正常な体温調節が
行われない原因となってしまいます。

 

運動不足も原因になります。

 

運動する機会が無ければ当然
筋肉量も減っていく事になります。

スポンサーリンク

筋肉が落ちると基礎代謝量も
減ってしまいますから、

 

熱を生み出すエネルギー不足
となってしまいます。

 

血流が悪くなるような事も良くありませんね。

 

きれいな姿勢を保つ事が
出来ない子供も増えていますが、
姿勢が悪い事で血の巡りにも影響が現れます。

 

冷えにも繋がり、肩こりなどの症状も
出やすくなってしまいますから、
注意が必要ですね。

 

生活習慣の乱れも要注意と言えます。

 

自律神経の乱れが起きやすくなるストレスなども
溜め込まないようにしたいところです。

 

低体温がもたらす症状と対処法

 

低体温が続くと、めまいや吐き気、
頭痛などの症状が現れる可能性があります。

 

腹痛や下痢が起こることもあります。

 

いずれも体温が低い事が原因で、
内臓に影響が出たり、

 

自律神経への影響や
脳への血流不足が起こってしまいます。

 

出来るだけ体温が上がるように意識をしていきましょう。

 

低体温状態では免疫機能も低下してしまうため、
病気にもかかりやすく、治りにくいと言えます。

 

冷えないように注意し、
適度な運動を心掛けると良いですね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加