めまい体操のやり方とは?

スポンサーリンク

ここでは、「めまい体操のやり方」についてお話します。

 

「めまい体操」というものがあります。
主に「良性発作性頭位めまい症」という病気に効果的とされていますので、
良性発作性頭位めまい症の疑いがある人は是非ためしてみてくださいね。

 

良性発作性頭位めまい症!

 

めまい体操は「良性発作性頭位めまい症」に有効的な体操です。

 

良性発作性頭位めまい症とは、耳の奥にある内耳という場所にある
耳石という石が何かの拍子に砕け、身体の平衡感覚を司る
三半規管という場所に入ってしまうことで引き起こされるめまいのことです。

 

目の前がぐるぐると回るような回転性めまいが特徴で、
朝起きたときや寝返りを打ったときなど、
頭を急に動かしたときにめまいが起こります。

 

この病気にたいする特効薬はないため、治療法は運動療法となります。
その運動療法の1つにめまい体操があるのです。

 

めまい体操とは?

 

めまい体操のやり方は簡単で、自宅ででもどこでも寝る場所があればできます。
めまいの症状がありましたら是非ためしてみてくださいね。

スポンサーリンク

めまい体操のやり方

 

・仰向けに寝ます
・頭を左に傾け10秒待ちます
・頭を正面に戻し、上を向き、また10秒待ちます
・頭を正面に戻し、今度は右側に傾け10秒待ちます

 

これを1セットとし、1日に10セット行ってください。
目的は、このように頭を動かし三半規管内の耳石を砕いてしまうことです。
めまいの症状が強いときは無理をして体操をする必要はありません。

 

少しずつでいいので、頭を動かすようにしてください。
良性発作性頭位めまい症は症状がひどいときは安静にしていた方がいいのですが、
安静にばかりしていても治りません。

 

頭を動かすことこそが治療法なのです。
めまいはいつどこで起こるかわかりません。

 

急にめまいが起こっても慌てないように
自分なりの対策法を考えておくことをおススメします。

 

外出先でめまいの症状が出たときは、
まずは立ち止まり近くの物につかまって様子を見ます。
それから安全な場所に移動し、しゃがむなどして休みます。

 

めまいの薬を持っているようならその薬を飲んでください。
また、ふらついて車と接触してしまわないように、
道を歩く際はなるべく車道側を通らないなどの対策も必要です。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加