高齢者のふらつきの原因とは?

スポンサーリンク

ここでは、「高齢者のふらつきの原因」についてお話します。

 

家族に高齢者がいる場合は
時折ふらつきなどを
支える事もあるのではないでしょうか。

 

ちょっとしたふらつきから、
転倒をしてしまうと、
高齢者の場合は大変危険ですね。

 

加齢と共に骨も弱くなってしまいますから、
そう強くはない衝撃が加わっただけでも
骨折となってしまいかねません。

 

打撲であったとしても、
腫れや痣はなかなか引かない
事が多く見られます。

 

万一大きなケガとなって入院にでもなれば、
その後の生活も今まで通りには行かないという
可能性も考えられます。

 

高齢者のふらつきの原因とは

 

高齢者は何故ふらつきが起きてしまうのでしょうか。

 

ふらつきでも病的なものと、
深刻ではないものとがあります。

 

病的なふらつきでは、脳の異常や、
耳のバランス感覚をつかさどる
器官の異常が考えられます。

 

季節の変わり目などは
血圧が下がる傾向がありますから、

 

その影響によって
ふらつきが起きることもあります。

 

普段から血圧が高く、降圧剤などを
服用している場合は

スポンサーリンク

血圧が下がりすぎて
頭がふらふらとするといった、
症状がみられる事もあります。

 

また足腰の痛みなどから、
しっかりと足元に力が入らない
といったケースも考えられますね。

 

ふらつきが頻繁にみられ、
病気の可能性がみられない場合は、

 

無理はせずに、杖などを
使う事を進めてみても良いでしょう。

 

高齢者のふらつきの注意点

 

高齢者のケガは若い年代の人とは違い、
肉体的にも精神的にも
大きな負担となってしまいます。

 

注意をしなければいけないのは、
外出時に限らず、住み慣れた自宅であっても
油断はできないという事です。

 

トイレに立って排尿後に
失神をしているという事も考えられます。

 

急激な血圧の低下は、一過性の
脳貧血を引き起こしてしまう事もあります。

 

脳貧血といっても、脳の異常ではなく、
血圧や血流循環の問題と言えますから、
普段からの注意が必要となりますね。

 

ふらつく症状と共に、ろれつが回らないなどの
症状がみられる場合は脳梗塞も疑われますから、
早急に病院へ行く必要があると言えます。

 

高齢者の場合は普段から
健康チェックは怠らない事が
予防になると言えますね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加