ふらつきの病院で大阪の名医とは?

スポンサーリンク

ここでは、「ふらつきの病院で大阪の名医」についてお話します。

 

ふらつきは原因がすぐにわかって完治できる場合と、
なかなか治らずつらいまま
ずっと付き合っていかなければならない場合があります。

 

しかし、名医に出会うことで、

 

「今まで悩んでいたふらつきが治った!」

 

「今まで通っていた病院では治らなかったのにやっと治った!」

 

ということがあります。

 

ふらつきの原因がいまいちわからない、
いくつか病院に行ったけれど症状が変わらない、
という人にお勧めの大阪の病院をご紹介します。

 

・大阪市立大学医学部付属病院

 

角南貴司子(つなみきしこ)医師

 

角南医師は、神経耳科学、めまい、
耳科手術などを専門に扱っています。

 

大阪市立大学院医学部を卒業した後、
助手や講師、医師として活躍されています。

 

日本耳科学会やめまい平衡医学会にも所属しており、
年間外来患者はのべ人数およそ28000人に及ぶほど、
治療実績もあります。

 

耳の異常が原因のものから、
脳、ストレスが原因のものまで

 

どんなめまいやふらつきにも
幅広く対応、治療しています。

 

必要に応じて手術も行います。
また、小児の治療も行っています。

 

多方面からの診断、最新の治療法を用い、
非常に治療実績のある病院、医師です。

 

こちらの病院で治療を受けるには紹介状が必要になります。

 

・近畿大学医学部付属病院

スポンサーリンク

土井勝美 医師

 

土井医師は、めまいや平衡医学の
スペシャリストと言われています。

 

山口大学医学部を卒業後、助手、講師、教授としても活躍し、
当院で治療や研究も行っています。

 

日本耳科学会、日本聴覚医学会、
日本めまい平衡医学会などにも所属しています。

 

最先端の治療を用いて、様々な症状を治療していきます。
手術からリハビリテーションまで幅広く行う名医です。

 

今までにも様々な研究実績がありますが、
さらにめまい治療のガイドラインの

 

作成を目的とした研究にも
現在力を入れています。

 

めまい、ふらつきの治療はあきらめないで
どの病院に行っても原因がわからないと言われる、

 

めまいやふらつきが長く続いてつらい、
症状がなくならず、どんどんストレスが溜まる…。

 

そんな人も、あきらめないでください。

 

あなたに合った医師に出会うことができれば、
そのめまいやふらつきは治る可能性があります。

 

最近では研究がものすごく進んでいます。
また、検査の機械もとても高性能です。

 

多方面から原因を見つけてくれるので、
治る可能性がぐんと上がります。

 

「何とか生活できるから…」

 

と我慢せずに、
是非このような医師たちに会いに行ってみてください。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加