めまい吐き気と冷や汗しびれの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「めまい吐き気と冷や汗しびれの時」
についてお話します。

 

めまいに吐き気や冷や汗、
しびれを伴うとき、

 

それは脳に異常が
生じていることが考えられます。

 

今回はめまいに吐き気
冷や汗、手足のしびれを伴う
疾患を紹介していきます

 

めまい、吐き気、冷や汗、
しびれが起きる原因

 

めまいや吐き気、冷や汗が
起きる原因は数多くあります。

 

しかし、それにしびれを伴うことは
とても稀で、脳や神経に
異常が生じているサインになります。

 

悪性なしびれの特徴は、
左右どちらか半分だけがしびれる場合、
急にしびれが発生して消失する場合、

 

手袋をはめているような
ピリピリとしたしびれです。

 

このようなしびれにめまい、吐き気、冷や汗
を併発する疾患をいくつか紹介していきます。

 

・脳梗塞

 

脳梗塞とは脳の血管が詰まることによって、
その先の脳細胞の壊死を招く疾患です。

 

左右どちらか片方がしびれ、
動きが鈍くなったり
力が入らなくなったりする症状が現れます。

 

脳梗塞が起きた部位によっては
強いめまいと吐き気を起こし
冷や汗が出ます。

 

また、言葉が出てこなくなったり、
呂律が回らなくなったり、
ものが2重に見えることもあります。

 

早期発見し、脳神経外科を受診すれば
点滴治療で後遺症なく
退院できる場合もあります。

 

・一過性脳虚血発作

 

左右どちらか片側にしびれや
動きの麻痺が突然現れ、

 

めまいや吐き気、呂律がまわらないなど、
脳梗塞に似た症状が起こります。

 

一過性脳虚血発作は、
この症状が数10分〜1時間ほどで
消失します。

 

脳血管内に血栓が一時的に詰まったり、
急激な低血圧を起こすことによって
脳に血液が足りなくなることが原因です。

スポンサーリンク

症状が数10分で消失するため、
大丈夫だと勘違いしてしまいがちですが、
一過性脳虚血発作は脳梗塞の前触れです。

 

一過性で済んだのはたまたま
血栓が小さかったからにすぎません。

 

脳梗塞を起こす前に
脳神経外科を受診しましょう。

 

・脳出血

 

脳内の血管が動脈硬化や
高血圧によってぼろぼろになり、

 

破けてしまうことで
脳内に出血がおこります。

 

出血の部位によって症状は様々ですが、
手足の動きの麻痺やしびれ、
めまいと強い吐き気が現れます。

 

また、視野の半分が欠ける
半盲と呼ばれる状態を
引き起こすこともあります。

 

・脳腫瘍

 

脳の中にできる腫瘍を脳腫瘍と呼びます。

 

手足のしびれが改善されずに
増強するときや、強い頭痛があるとき、

 

吐き気や冷や汗、
めまいを伴うときに疑われます。

 

他の臓器からがんが
転移してできる場合と、
脳が原発の場合があります。

 

めまい、吐き気、冷や汗、しびれが起きたら

 

めまいが強い場合はすぐに近くの
椅子に座ったり、横になりましょう。

 

できるだけ安静にすることで
血圧の変動を少なくします。

 

しびれが治まらず、
頭痛や吐き気がでてきたら、
すぐに脳神経外科を受診しましょう。

 

脳の病気は怖いですが、
早期発見・早期治療で後遺症が
ほとんど残らない場合もあります。

 

日頃から生活習慣に
気を付けることも重要ですが、

 

自分の体の異変にいち早く
気が付くための知識も必要です。

 

異変を感じたら放置せずに
すぐに受診しましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加