めまい吐き気だるい時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「めまい吐き気だるい時」についてお話します。

 

めまいには色んな原因が隠れています。
めまいとともに現れる症状によって
考えられる原因も異なってきます。

 

めまいと吐き気、さらに体もだるいと感じる場合、
どのようなことが原因なのでしょうか?

 

自律神経が大きく関係している

 

自律神経というものを聞いたことがありますか?

 

自律神経は交感神経と副交感神経から成っている神経で、
普段はこれらの神経はバランスよく保っています。

 

しかし、何か強いストレスや負担がかかると、
交感神経の方が強くなり、

 

自律神経のバランスを崩して
めまい、吐き気、体のだるさまで発症します。

 

ここまでくると体は悲鳴をあげています。
早く気付いて、対処することが大事です。

 

また、自分はまさかと思うこともありますが、
自律神経失調症といわれるまで症状が進行していたり、
うつ状態にまで陥ってしまっていることもあります。

 

頻繁にこれらの症状が起きたり、
夜眠れない、やる気が起きない、食欲がない、

 

明らかに強いストレスを感じているのは自覚しているけれど
どうにもできない、と思うことがあれば、
精神科やメンタルクリニックで一度相談してみましょう。

 

精神科と聞くと抵抗があるかもしれませんが、
必ず病名がつくわけではないですし、

 

また、強いこわい薬だけではなく、
夜眠れるような軽い薬やビタミン剤などを
処方してくれる場合もあります。

 

話を聞いてもらうだけでも
楽になる可能性もありますよ。

 

貧血や低血圧、低血糖

 

これらが原因でも
めまい、吐き気、体のだるさを感じることがあります。

スポンサーリンク

少し体が疲れていて、単なる栄養不足だという場合でも
起こり得ますが、

 

あまりにも続いたり、動けない程しんどいという場合は
病院で診てもらうことが必要になってきます。

 

薬の処方もありますので、
きちんと守って服用し続けることが重要です。

 

もちろん、生活習慣も関係していますので、
バランスの良い食事や水分を十分に摂る、

 

適度に運動する、しっかり休養するなど
自分でできることはしっかり行いましょう。

 

女性だと生理の影響も

 

女性にはおよそ、月に一度生理があります。

 

生理中はもちろん、その前後や、
前回の生理と次の生理までの中間の時期でも

 

ホルモンのバランスが常に変化していて
体には色んなことが起こります。

 

ホルモンバランスの変化や貧血などの影響で、
めまいや吐き気、体のだるさが起こります。

 

生理の影響だと理解していて、
生活に支障のない程度でしたら
そこまで心配はありませんが、

 

あまりにもつらくてしんどい場合は、
産婦人科やレディースクリニックで
相談してみましょう。

 

めまいと吐き気、だるさが同時に起きて
平気な人はいません。

 

とてもしんどいものです。

 

そのときはやはり動作もストップしますので、
生活にも支障をきたすことも多くあります。

 

これらの症状が現れたら、
早く原因を追究して対処し、
早く楽になりましょう!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加