めまいぐるぐるの病院とは?

スポンサーリンク

ここでは、「めまいぐるぐるの病院」についてお話します。

 

めまいは、目の前がぐるぐる回ると立っていられなくなり
転倒する恐れもあるので危険です。

 

ちょっとでもおかしいと思ったら病院へ・・
でも、病院ではどのような検査をするのでしょうか?

 

回転性めまいとは

 

ぐるぐると目が回るように感じるめまいを「回転性めまい」といいます。
主に耳の障害により引き起こされます。
耳の働きには「音を聞く」の他に「身体のバランスを保つ」という働きもあります。

 

耳の奥にはそんなバランス感覚を保つ器官(三半規管など)があるのです。
何かが原因となりそれら器官に害が及ぶと身体のバランス機能は低下、
身体と脳との通信がうまくいかなくなり「めまい」という形で身体に表れます。

 

主な病名

 

回転性めまいが特徴的な代表的な病名は

 

・良性発作性頭位めまい症

 

比較的軽い病気。起床時など、頭を急に動かすことによ
り引き起こされることが多い。

 

・前庭神経炎

 

突然の激しいめまい。それに伴い吐き気と嘔吐を伴う。

 

・メニエール病

 

激しい回転性のめまい・吐き気・嘔吐・難聴・耳鳴りが特徴。
持続時間が長く倒れる人もいる。

スポンサーリンク

・突発性難聴

 

回転性のめまいを起こし、ある日突然耳が聞こえなくなってしまう。

 

・外リンパろう

 

圧の変動(飛行機に乗ったときなど)で回転性のめまいを起こす。

 

などがあります。

 

病院ではどうすれば?

 

耳に障害があることが多いので、耳鼻咽喉科を受診してください。
検査内容は主に問診。神経質になる必要はありませんが、
なるべく自分で自分の症状をハッキリ伝えられるようにしておくようにします。

 

めまいの持続時間・発生頻度・発生時間、
めまいの他にどのような症状が伴うのかなど、

 

めまいの症状の詳細を普段からメモにとっておくなどしておくと
病院に行ったとき伝えやすくなります。

 

回転性めまいは、めまいが起きた直後は検査できないこともあります。
症状が多少治まるまでは自宅などで安静にしていてください。

 

理想としては、めまいの症状が起きてから2・3日以内の受診をオススメします。
日が経ち過ぎても診察ができないこともありますので注意してください。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加