めまいで頭がふらふらの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「めまいで頭がふらふらの時」についてお話します。

 

めまいには様々な感じ方があります。

 

どのようなめまいなのかによって、
原因や症状、対処法が変わってきます。

 

頭がふらふらする感じの
めまいが起きることは
よくある症状です。

 

このようなめまいには
どのような原因や危険性が隠れているのでしょうか?

 

ご紹介します。

 

めまいが起きたその時

 

どのようなめまいなのか自分で症状を把握することは
後々とても重要なのですが、

 

めまいが起きた瞬間は、
もちろんそんな分析をする余裕はありません。

 

めまいや頭がふらふらする感じがあるときは、
転倒の可能性があります。

 

頭を打つと重大な病気に繋がる可能性もあります。

 

また、高齢の人だと簡単に
骨折してしまう場合もあります。

 

すぐにその場で座り、安静にしましょう。

 

屋内で寝転がることのできる状況なら、
横になって、体調が戻るのを待ちましょう。

 

余計なことは考えず、
ゆっくりと体を休め、
深呼吸や水分補給をしましょう。

 

頭のふらふらするめまい

 

頭がふらふらするめまいは、
浮動性のめまいだと考えられます。

 

この浮動性のめまいには
様々な原因が考えられます。

 

身体的な原因だと、
貧血、脳出血や脳梗塞などの脳の異常、

 

高血圧や低血圧、肩こりなどによる血行不良、
三半規管、つまり耳の中の異常が考えられます。

 

精神的な原因だと、
ストレスが考えられます。

スポンサーリンク

このストレスが原因での
めまいは意外と可能性も高く、

 

自律神経のバランスまで
崩してしまう恐ろしさがあります。

 

自律神経失調症やうつ状態にまで
陥っていることもあります。

 

年齢や性別的な原因だと、
高齢によるめまいもあります。

 

高齢になっていくとどうしても
体の機能が全体的に衰えてきてしまいます。

 

また、高齢にさしかかる
更年期という時期もありますが、

 

その更年期障害の一つの
症状として起こることもあります。

 

女性ですと、生理中、または生理の前後などに
月経困難症として起こることもあります。

 

対処法は?

 

このように、紹介しただけでも
たくさんの原因が考えられます。

 

一番確実なのは、
病院で診てもらうことです。

 

単なるめまいだと思っていたら、
脳の病気が隠れていたり、

 

精神的にギリギリのところまで追いつめられていた、
などといった可能性もあります。

 

医療機関で適切な治療、
指示を受けることをおすすめします。

 

そうしたうえで、
規則正しい生活をする、バランスの整った食事をとる、
睡眠や休息の時間をしっかり確保する、

 

自分のリラックスできることをする、
運動やストレッチをとりいれてみる、

 

こまめに水分補給し、
身体も冷やさないよう気を付ける、
など実行してみてください。

 

これらはめまいや
ふらふらする症状の有無に関係なく

 

健康のためにもぜひ
とりいれていきたいものですね。

 

症状の重さに関わらず、
早く対処して解決しましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加